スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~今年もお世話になりました~

お世話になっている企業さんの多くが
昨日の28日に年内の仕事収めになりました。
それを受けて私も一日遅れの仕事納め宣言♪(←収まんないから、宣言だけ…)

昨日と今日で届いた宅急便の荷物は通常の3倍!
全て1月7日の仕事始めの日が必着指定!!
ということは、
お正月は休むな!という理解でよろしいのでしょうか(笑)???

今年はたくさんのお仕事をいただき、とても充実していました。
若輩者の私を起用してくださり、機会を与えていただいたことを光栄に思います。

内容の濃い、大きなお仕事が多く、
プレッシャーを起爆剤に孤軍奮闘してまいりました。
とにかく、走りに走った1年でした。

そして何よりも念願のオヤ展を開催でき、
多くの方にご来場いただきました。
改めて御礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

昨年の今頃はまだ3クラスしかなかったオヤ講座も
今では名古屋や大阪にも開講させていただき、
日曜日クラスも始まったりで現在7クラスになりました。
オヤを愛し、集まってくれた受講生の方も70名ほどいらっしゃいます。

猛スピードで編む方もいらっしゃれば、
ゆっくりと一つ一つ理解しながら編む方もいらっしゃいます。
なかなかモチーフが小さく仕上がらず苦戦している方もいらっしゃいます。
スピードや大きさは慣れてくれば変わりますので気になさらないで下さい。

それよりも、ご自身の手でオヤを作ってほしい…
そして作り続けてほしい…
教え手の願いは『オヤへの情熱を失わないでほしい』ということに尽きるのです。

オヤ展開催を決意したのもオヤ講座がきっかけでした。
生徒さんたちからの
『オヤを見にトルコへ行きたい!でも簡単に行けない…。』という訴えに
どうにかお応えできないか?と考えました。
何分、放浪癖のある勝手気ままな一人旅派の性分で
皆さんをトルコへお連れすることはできませんが、
日本でオヤをお見せすることはできるのでは!?と発想の転換。
それからは明けても暮れても、
一心不乱にオヤを作る日々を過ごしておりました。
そしてオヤ展が盛況をいただき、
お蔭様で鬼のようにオヤを作っていた日々が報われました(笑)。

オヤはトルコの長い歴史の中で育まれてきた
由緒ある伝統手芸です。
日本では馴染みの無い言葉でも
本国ではオヤはオヤ、レースはダンテルと区別されています。
これからもトルコ伝統手芸オヤをオヤとして
きちんと普及していく活動を続けていきます。

皆さまどうぞ良いお年をお迎えください。
そして来年もトルコ伝統手芸オヤを
どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。