スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~旅の意味~

『確認したいコト』があるから、旅に出る。
『習得したいモノ』があるから、何度でも通う。

たくさんの文献を読んで、
頭でっかちになるよりも、
その国に降り立った時に
肌で感じる独特の空気がある。
自分にしか感じ得ない『何か』を
つかんだ時、それが最大の文献になる。

必要なのは詰め込んだ知識ではなく、『感受性』。

トルコにて①

『確認したいコト』は『事実』となって
感動と共に自分の中にいったん収まる。
それを更に咀嚼して、
時間をかけて熟成し、
講座を通じて人へと伝えていく。

そこに必要なのが『客観性』。


『感受性』を持って旅に出て、
『客観性』を持って伝えていく。
この両輪の“ツナギ”になるのが『自分』という存在。

軸がぶれないように。
正しく伝えられるように。

********
『トルコの可憐な伝統レース イーネオヤ』並びに
『トルコの可憐な伝統レース トゥーオヤ』をご覧いただいた方から
日々たくさんのメールをいただきます。

中でも若い女性の読者の方々から
『七海さんみたいに海外を周る仕事がしたい!』という感想をいただきます。
とても嬉しく、ありがたく思います。

即答の必要なお仕事メールの返信に追われてしまい、
なかなか具体的な内容の返信が出来ず、申し訳ございません。
遅くなりましたが、ブログで返信申し上げます。
直接的な返答ではないかもしれませんが、
私自身が思う『旅の意味』です。

ご参考いただければ、幸甚に存じます。

善き旅を、楽しんでください。

スポンサーサイト
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。