スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコの伝統靴下編み


traditional-socks1.jpg


前回のトルコで習ってきたこのくつした編み。


実は初めてトルコに行った1年半前にすでに習得済み。


長い靴下はトルコ語で『チョラプ』という。


残念なことに、この伝統的なくつしたを編む人はトルコでも激減している。


最近は伝統模様を現代仕様に簡素化しているものや、


ルームシューズタイプの短いタイプ『パーテッキ』を編む人たちばかり。


トルコの場合、『本を見ながら編んでいく』という


ごく一般的な方法ではなく、祖母や母から教わっていく。


そのため教えてくれる人たちみんなそれぞれの編み方がある。


とはいえ、棒針編みで面倒に感じる『とじ・はぎ』いらずのトルコ式の編み方は


かなり実用的で便利です。


色々な人に教わった中で気に入った編み方が2つありました。


今練習のため、くつしたのつま先だけをひたすら編んでいます。


 


ちなみに絡まり防止のため、トルコ人は糸を首に回して編みます。


写真で解りますか?



 


***


昨日からカウンターを設置してみたこのブログ。


更に、ブログランキングにも参加し始めました。


漸く設置方法がわかった(…多分)次第でございます。


ということで、1クリックおねがいします!


 


Needle World のホームページはこちら→http://www.needleworld.jp

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。