スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい知らせ


    kutushita.jpg


今朝、こんなありがたいものが届きました。


以前、応募していた『靴下手編みコンテスト』の結果で、


佳作入賞していました。


初めて応募したコンテスト。


コンテストなので順位があるのは当たり前なのですが、


『トルコの伝統靴下の存在を一人でも多くの人に知って欲しい!』


という思いで応募し、賞狙いではなかっただけに嬉しかったです。


廃れいく文化を一人の力でくい止めることはできない。


生活の営みの中で育まれてきた文化は


時代の変化と共に変わり、衰退していくのも受け入れざるを得ない。


そればらば、せめて人の記憶に残って欲しい。


入選すると、展示の機会が増える(…と思う)。


そしたら、もっと多くの人に『トルコってこんな靴下があったんだ!』と思ってもらえる。


なのに・・・・私は題名をつけるのを忘れて『無題』になってしまった。


そのままですが『トルコの伝統靴下』って付けたかったので、


ブログをご覧の皆さまだけにでも題名を知っていただければ幸いです。


編み方はトルコ式、柄はキリムをアレンジ、配色は自己流。


編み物文化協会が発行している『Amu』の1月号に掲載されるようです。


お楽しみに!


 

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。