スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ミスターダンディ~

個展@靖山画廊でのお話。

著書『メキッキオヤのアクセサリー』のために制作しましたメキッキオヤのジレ。
mジレ

先日の個展でとても素敵な男性がお求めくださいました。
画廊の顧客様でアラフィフのダンディでおしゃれな方。
初日に他の作家の作品を取りにいらっしゃって、
『オレ、場違いやな…』と言いながら私の作品をご覧くださいました。

作品を一通りご覧になって、メキッキオヤのジレの前でストップ。
ジレの前を行ったり来たり、行ったり来たり、を繰り返し再び前でストップ。
ジレについての説明をして、細くて美しい画廊のスタッフSさんに
モデル着用してもらい、着た感じもご覧いただきました。

『これ、額装できる?…でも先生、イヤ?』と訊かれました。
何がイヤ?か、分からず答えられずにいると、
『着る目的で作った作品を、額装とか違う目的にしたらイヤかな?』と。

カッコいい方は、気遣いもカッコいいですね。

『イエイエ、まさか、嬉しいです』と、お答えしたら、
『プレゼントしたい女性ができたら額からはずして贈ればいいね』と仰いました。

あまりにも素敵すぎる想像に、
言われたわけではないのに和田さんと2人で
大照れ、大喜びしておりました。

そんな素敵なシーンに自分の作品が立ち会えるのは、
本当にうれしいことです。
スポンサーサイト
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。