スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~トルコの可憐な伝統レース トゥーオヤ~

トルコの可憐な伝統レース トゥーオヤ
新刊『トルコの可憐な伝統レース トゥーオヤ(雄鶏社)』。
かわいい仕上がりで、嬉しい♪

来年の2月には銀座で出版記念セミナー、
3月には表参道で出版記念も兼ねた『オヤ展Ⅱ』を開催します。
詳細はまた改めてお知らせします。

その前に…
著書でいつもかわいい~商品協力をしてくださっている、
SOFA TURKISH DECOR
そのSOFAさんでサイン会を開催してくださいます!
11月22日&23日の2日間、
掲載作品のキットも何点か販売します。
個数限定ですので、是非お立ち寄りください♪
詳細はHPのイベントコーナーに掲載しています。


明日からトルコへ行ってきます。
高額な直行便を諦め、トランジット便。

夕方、スーツケースを取りに宅急便が来た。
パッキングは20分程度で終わるので、楽~♪
お土産も入っているのに、行きの荷物はかなり少ない。
一人旅を長く続けていると、どんどん荷物の量が少なくなる。

友人と一緒の場合は
『荷物見てて、私訊いて来る!』と役割分担ができるけど、
独りだと荷物も一緒に引っ張りまわすことになる。
担いで動き回れる程度に収めないと
身動きが取れなくなってしまうのです。
そのかわり、最小の荷物をいかに最大限活用するか、
生活の知恵が身につきます♪

とはいえ、お仕事の資料は全部入っています!
ご依頼くださいました企業さま、ご安心くださいませ。

では、行ってきま~す♪

~オヤの本 第2弾!~

『トルコの可憐な伝統レース トゥーオヤ(雄鶏社)』が
今月発売になります!

お蔭様で1冊目の『トルコの可憐な伝統レース イーネオヤ(雄鶏社)』が
ご好評いただき、1年に2冊もオヤの本が出版になります。
ご購入くださった皆さま、どうもありがとうございます!

8月、9月はオヤ本にかかりっきりでした。
かわいいスタジオでの撮影の片隅でも
ひたすら作品を編む…編む…編む。

イーネオヤの本同様、
かわいい本作りで定評のある
凄腕編集者のSさんが今回もかわいく仕上てくださいました!
Sさんの手にかかると、オヤの可憐さがパワーアップするのです。
そして、編み図の達人Tさんが惚れ惚れするような
編み図に描きあげてくださいました~。

10月下旬には全国書店でご覧いただけると思います。
是非、楽しみにしてください!
(その頃私は日本を留守にしてますが…。)

~イーネオヤの本出版!~

『トルコの可憐な伝統レースイーネオヤ』七海光著

『トルコの可憐な伝統レースイーネオヤ (雄鶏社刊) 』 七海光著


お待たせしました!
イーネオヤの本が出版しました!!

生徒さんから何度も 『先生、本出さないんですか~?』と尋ねられ、
遠方にお住まいのオヤファンの皆さんからも 『本を出してください!』と、
今までたくさんのメールをいただいてました。

漸く形になり、お応えできて嬉しく思います。


オヤをきちんと作るには専用糸がどうしても必要でした。
各オヤ教室で現在使用しているトルコの糸が製造中止という知らせを受け、
2006年12月に大慌てでトルコへ飛んで行きました。
代替品として渡された糸で何度試作を繰り返しても手応えを得られず、
絶望的な気持ちで日本に戻ったのを思い出します。

その後、日本の糸メーカーさんにオヤ糸の製造を依頼し、
快諾してくださったのがカナガワさんでした
私のオヤに対する異常なまでのこだわりに
何度も糸を作り直し、理想的なオヤ糸を実現してくださいました!

そして2007年10月、
日本初のカナガワさんのオヤ糸を持って再びトルコへ行き、
現地の女性たちにもその糸で試作をしてもらいました。
『こんな素晴らしい糸でオヤを作れる日本人は幸せね~』と大絶賛!


『オヤをきちんと伝えたい』という思いを形にしてくださった雄鶏社さん
かわいい本作りで定評のある敏腕編集者のSさんには本当にお世話になりました。
こんなにかわいい本にしてくださり、
またオヤ修業時代の話も掲載してくださり、
溢れる思いをギュッと詰め込んで下さいました。
そして、私の編み図原稿から
芸術的なまでに美しい編み図を起こしてくださったのは編み図の達人Mさん。
オヤを大切にしてくださり、こだわりを聞いていただいた事を
心から感謝します。

日本のオヤファンの皆さま、
是非オヤつくりに挑戦してください。

つきましては、出版記念セミナーを行います。
詳細はHPをご覧下さい!!
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。