スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月

シンガポールに来て1ヶ月が経ちました。
日本を発つ日、がくんと寒くなったのを覚えています。
冬物も荷物もすべて出した後だったので、
とりあえず大急ぎでタクシーに乗って羽田空港に向かいました。

DSC_2360.jpg DSC_2377.jpg
(左)羽田空港チェックイン時の猫たち  (右)持ってきた荷物@新居


日本は今頃もっと寒くなっているんでしょうね。
昨年の今頃は銀座和光様のイベントで大忙しでした。


まだ、1ヶ月しかたっていませんが、シンガポール生活はとても快適です。
DSC_0736.jpg

常夏の気候においしいご飯、緑の多い環境と清潔な街、
そしてやさしいシンガポーリアン。
DSC_0738.jpg

こちらに来て良かったと、心から思います。
ゆるやかに毎日が過ぎ、穏やかに製作に取り組んでいます。

最近、ワルツがバルコニーデビューをしました。
ワルツはジャンプ力がないので安心なのですが、
運動神経の良いポルカは目が離せないのでバルコニーデビューは抱っこで。
DSC_0713.jpg


作りたいデザインがあって何度も試行錯誤。
どうすれば、思う形になるのか。。。
何が足りないのか、向きが違うのか、
厚みなのか、素材なのか、糸の太さなのか…。

製作に煮詰まると、食材のお買い物がてら出かけます。
まだ行ったことのない知らないエリアに行って、
頭をクリアにして一旦デザインから離れます。
DSC_0662.jpg


緑を見て、花を見て、空を見て、
そろそろ家に帰ります。




インスタグラム

始めました!

日々、猫たちの膨大な量の写真を撮っているので、整理も兼ねて。
使い方をマスターしていませんが、少しずつ覚えます。








HERMES EXIBITION

シンガポール生活も3週間が経ちました。

週末、ArtScience Museum で
エルメスの展示会 Leather Forever を見てきました。
DSC_0272.jpg



職人さんのデモンストレーションがあり、
手元に釘付けになりました。
エルメス職人
正確なピッチで目打ちを刺してガイドホールを作り、
左右から針を入れて同じ強さで糸を引く。
糸の最後の締め加減 『ここまで引く』と『これくらいで引く』など、
位置と強さは作り手にしか分からない点がある。

もの作りは孤独で単調な作業のように見えて、
実は作品と対話しながらイキを合わせながら
進めていく作業なのだ、改めて教わった展示会でした。


エルメスバッグ

展示期間12月13日まで。

生活スタート

シンガポールに引っ越して2週間が経ちました。
猫たちもすっかり慣れた様子です。

ポルカがハーブを狙ってます。
DSC_0020.jpg
ポルカはグリーンを破壊するので、イケアでケースを購入。

飛行機便は引越した日の6日後には届きました。
早いです!ほとんど猫用品ですが。

ワルツ溺愛のアルミ鍋も届きました。
DSC_0037.jpg

先週から作品製作も再開して、
お待たせしているオーダーを作っています。


朝、プールで泳ぐ習慣も始めました。
住んでいるコンドのプールはほとんど誰もいないので独占状態です。
DSC_0051.jpg

私の製作仕事に欠かせない相棒的存在の整骨院。
まだ、こちらで見つけられていないので、
とりあえずスイミングで肩回りをほぐしています。

シンガポール入り

11月23日17時20分にシンガポールに到着しました。

夫の赴任帯同なのでビジネスクラスで快適なフライトでした。
ただ、同乗している猫たちのことが心配で心配で…。

機内でいただいた食事。
DSC_2363.jpg
DSC_2365.jpg
サーモンの何とかと和牛の何とか。
数日間の不眠不休の引越し作業を続けていたため、
体がとても疲れていたようでせっかくの食事も体が受け付けず。。。泣

飛行機を降りると、地上勤務のJALスタッフの方が
私の名前の書いた紙を持って待っていてくださいます。
(私が猫たちのオーナーということで私の名前)

『猫ちゃん2匹、無事にお預かりしています。
そのままご入国手続きをお済ませいただき、
バゲージクレームでお待ちしています』と言われます。

ひとまず、ポルワルの無事を安心して、進みます。
ビジネスクラスだったので荷物の規定量が大幅に増やされ、
結果3箱の段ボールとスーツケース3個になりました。
地上勤務のスタッフがそれらをすでにカートに乗せて待っていてくださり、
案内されるまま空港内の小部屋へ向かいます。
提出書類を確認され、サインをしていったん空港の外に出ます。

会社のドライバーが迎えに来ていました。
荷物を積んで、車に乗りこみ、空港に併設している検疫所に向かいます。
空港の敷地の外側をぐるっと回って検疫所に行くため、
車で20分~30分かかります。

検疫所に着いたら、入所手続きをとるため
書類を書いてパスポートを預けて入所札をもらいます。
これで入所手続きが終わり、ようやくポル・ワルの待つ検疫所に入れます!
書類のすべては夫が準備。パーフェクトでした!

DSC_2370 - コピー
ポルカは羽田空港からかなり怯えていたので心配していましたが、
名前を呼ぶと声が分かったようで小さく鳴きました。
ワルツは水飲み用のペットボトルホルダーが外れて、空になっていました。

とりあえず、無事でなにより。
さぁ、新居へいきましょう~。


本当の Last lesson

11月15日までこの記事がトップになります。
最新記事はこれより下をご覧ください。


10月末に出発予定だったシンガポールが、
3週間ほど延びて11月中~下旬になったので、
クリスマスに向けたセミナーを開催します。

先日、出発前のlast lessonをさせていただいた L'art fil さん。
久し振りにうかがって、お店の可愛さにキュンキュンしました~。

出発が延びたので、
せっかくなら第2弾をさせていただきます!

アラビアンナイトとティアラのモチーフ
日 程:11月15日(日)
時 間:13:00~15:00
講習料:9720円(キット代込み)
場 所&お申込み:アードフィル

last lesson

代官山にある、
とてもおしゃれな手芸屋さんl'art du fil(アードフィル)。

日本を発つ前に最後のセミナーを
させていただくことになりました。

装いに映える大振りなボンジュクオヤの手法で
『Nostalgia』のネックレスを作ります。
nostalgia
日  程:10月18日(日)
時  間:11:00~13:30
場  所:アードフィル(お申し込みはこちら→

日程が差し迫ってのご案内ですが、
ご都合の良い方は是非どうぞ♪

作品の常設店

10月7日銀座三越様7階のJapan Edition がリニューアルオープンしました。

このたび、光栄にも作品を常設していただくことになり、
オープン当日さっそく見に行ってきました。

店頭にはティアラがディスプレイされていました。
ティアラ
(店内写真撮影不可。写真はアトリエにて作品撮影)

大好きな彫刻家の黒柳先生の横にディスプレイしていただき、
嬉しすぎて踊り出しそうでした。

一人で作っているので点数は多くありませんが、
日本らしい作品を引き続き納品していきたいと思います。

是非、ご覧下さい。


フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。